総合案内

手術について

痛みを取る注射を打ってから手術を行います。

体が小さい犬や猫では、手術時の適切な麻酔の選択が大変重要です。
当院では、術前検査をしてその子に合わせた麻酔処置を行っています。
その際、かならず術前に痛みを取る注射を打ってから手術に入りますので、ご安心ください。

ハード面では、電気メス「バイクランプ」、超音波メス「ソノサージ」を完備。
できる限り傷口を小さくして、糸を使いません。
通常の電気メスと違い、当院が採用しているバイクランプは、あたかもビニール袋を熱で固めるような感じで血管を熱でシールドするため、体内に糸を残しません。

space.jpg